どこでも活躍できる薬剤師になるために!

薬剤師求人~薬剤師に必要とされる能力とは~

薬剤師求人~薬剤師に必要とされる能力とは~

職業を選ぶ時は、長く続けられる仕事であるかとか、生活できるだけの収入を得られる仕事なのかなど、考えることがいろいろあります。もちろん、自分に向いている仕事であることも重要です。では薬剤師の仕事はどんな人が向いているのでしょうか。

薬剤師の仕事場はいくつかありますが、やはり中心となるのは 調剤薬局でしょう。 薬局には毎日大勢の患者さんが訪れます。 薬局の場所にもよりますが、開店時から閉店まで来店する人が 途切れないような忙しい職場もあります。

そんな忙しい中で、一人一人の処方箋を間違いなく処理するという高い事務処理能力が必要とされるのです。薬の種類も各自違いますし、何日分処方されるかも異なりますので、絶対に間違えないように注意深く処理しなければいけないのです。

最初はテキパキと処理していても、時間がたつにつれて 疲れもたまってきますし、集中力が欠けることもあるかもしれません。 その日の体調によって、仕事の能率が落ちることもあるでしょう。 それでも、ミスがあってはならない仕事なので、 気を引き締めて業務にあたる必要があります。

また、薬剤師の仕事は対人能力も必要とされる仕事です。 患者さんの中には高圧的な態度をとる人もいるでしょうし、 機嫌が悪くて薬剤師に当たってくる人もいるかもしれません。 そんな人とも仕事と割り切って接し、スムーズに業務を進めるのです。

また自分の状況をうまく説明できない患者さんや、 高齢の方に対してもコミュニケーションをよくとって、 薬の説明を分かりやすくしなければなりません。 薬剤師になるために薬のことを学校でたくさん勉強してきたことと思いますが、 実際にはコミュニケーション能力もかなり必要とされる仕事です。

薬剤師は専門知識を持っていますが、一般の人はそうではありません。 薬のことを分かりやすい言葉を用いて説明することも大切なことです。 ですから薬剤師は、処方箋を処理する能力と対人的なスキルの 両方が必要とされることを常に頭においておくようにしましょう。

社会人から薬剤師を目指すことは可能?

薬剤師になろうと思った時、たいていの人は大学進学の時に 薬学部を受験します。 国公立でも私立でも薬学部はありますから、学力や通える範囲、 または学費などを考慮して志望先を決めることになるでしょう。

でも社会人になってから、あらためて薬剤師になりたいと 希望する人もいます。 今の仕事が向いていないと感じたり、薬剤師の仕事に憧れをいだいた場合、 社会人でも薬剤師を志すことは可能なのでしょうか。

薬剤師になるためには薬科大学や薬学部を卒業して 試験に合格しなければなりません。 ですから、すでに他の大学を卒業した人でも、あらためて 薬科大学等を受験しなければならないのです。

受験を経験したことのある方はご存知だと思いますが、 受験勉強というのはとても大変なものです。 学生なら比較的時間もあり、勉強する時間も確保しやすいですが、 社会人ともなると会社勤めがありますから、それが難しいのです。

働いてくたくたになって帰宅する人も多いでしょうから、 そこから勉強の時間を確保することができるのか、 まず検討する必要があります。

そして、もし大学に合格したら、今度は学生生活が待っています。 これまで仕事をしながら受験勉強してきた人も、 大学生活と仕事を両立させるのは困難かと思われます。 でも当然学費を支払わなければなりませんし、 自分の生活も支えなければならないのです。

資金面でも問題がないように考えておきましょう。 このように、社会人になってから薬剤師を目指すのは 結構たいへんなものです。 大学に通うようになると、今度は周りの学生と自分の 年齢差が気になるかもしれません。

このように、最初から薬学部で学ぶのとは違い、 いろいろな苦労があるのです。 そのことをあらかじめ心に留めておくようにしましょう。

でも長い人生を考えた時に、苦労するのは一時的なことです。 どうしても薬剤師になりたいという強い意思があれば、 困難なことも乗り越えられるでしょう。 実際に社会人を経て薬学の道に入った人もこれまでには 大勢いるのです。

↑ PAGE TOP